👉ふるさと納税「日用品」は無駄がなくておすすめ♪

にほんブログ村・人気ブログランキングのメリットと使い方|アクセスアップを目指そう!

にほんブログ村・人気ブログランキング比較と使い方|ななろぐブログ

ブログを運営している方なら「ブログランキングサイト」というものがあることはおそらくご存知かと思います。

かぼすくん
かぼすくん

みんな登録してるのかな?

登録した方がいいの?

なな
なな

気になるよね…!

アンケートをとって調べてみたよ♪

twitterで投票とアンケートを行い、115人のブロガーさんに回答をいただきました。
結果は以下の通りです。

なな
なな

62.6%の人が登録していました。

検討中の人も16.5%いました!

↓その時いただいた意見はこちらにまとめています。

ブログのランキングサイトと言っても色々なタイプのサイトがありますが、今回はその中でも賛否の意見も多かったバナー設置型の2大ランキングサイト「にほんブログ村」「人気ブログランキング」について、登録の是非比較、それぞれの設定運用の仕方について解説していきます。

こんな人に
  • ランキングサイトに登録するべきか迷っている
  • ランキングサイト登録のメリット・デメリットを知りたい
  • どちらに登録するか迷っている
  • 設定の仕方や有効な運用の仕方を知りたい
スポンサーリンク

ランキングサイト(バナー設置型)とは

ブログランキングサイト

バナー設置型のランキングサイトとは、ブログ内にバナーを貼り、そのバナーをクリック(タップ)してもらうことでポイントが発生し、そのポイント数でランキングを決定しているサイトです。

ブログランキング・にほんブログ村へ ←こういうのとか  ←こういうのとかですね。

バナーはいろんなタイプが用意されていますが、オリジナルの画像で作ることもできます。

にほんブログ村 主婦日記ブログ ひきこもり主婦へ

こんな感じです。

かぼすくん
かぼすくん

あざとさを感じる……

メリット・デメリット

メリット・デメリットは以下の通りです。

メリット
  • 被リンクになる(※1)
  • インデックスが早くなるかもしれない(※2)
  • ランキングサイトからの流入がある
  • 同じジャンルの他のサイトを勉強できる
  • ランキング上位になると権威性が使える
デメリット
  • バナー設置によりサイトが重くなる
  • バナータップで読者が自サイトから離れてしまう
  • あまり流入がない
  • ランキングを気にしてストレスになる

※1 被リンクについて

被リンクになるのには違いないのですが、外部SEOとしての効果がどれだけあるのかについてはやや疑問が残ると思っています。

確かに、数年前までは有効でした。
しかし、2012年以降の度重なるGoogleのアップデートから、被リンクのではなく品質を厳しく問われるようになりました。
たくさん被リンクを集めれば良いというものではなく、品質の良い被リンクを集めることが重要です。
低品質な被リンクを集めると逆に検索順位が落ちたり、ペナルティが課せられることもあります。

Googleが評価する良質な被リンクとは、あくまで自然で、関連性のあるリンクです。
これらランキングサイトからのリンクが”低品質”とまでは思いませんが、良質と判断されるかは疑問です。
被リンク効果については過度に期待しない方が良いと個人的には思っています。

※2 インデックスについて

新しく記事を更新してもGoogleなどの検索結果にはすぐに反映されません。
ブログを運営している方なら少しでも早く反映してほしいと気にされていることだと思います。

補足

記事がインデックスされているかどうかはGoogle Serch Console(通称:サチコ)でも確認できますが、手軽な方法としてはGoogleの検索窓に「site:(ドメイン名)」などと入力して検索すると、インデックスされた記事が出てきます。
(例えば、私のサイトだとsite:nana-log.net と入力します)

記事をインデックスするためのクローラの巡回は一定ではなく、ドメインパワーの強いサイトには早く来ると言われています。

「にほんブログ村」や「人気ブログランキング」は、登録しておけば新着記事がping送信により即座に反映されます。
これら2つのランキングサイトはドメインパワーの強いサイトなので、クローラが情報を早めに収集してくれる可能性が高いです。

記事のインデックスが遅いとお悩みに方にはもしかしたら有効な手段になるかもしれません。

登録した方がいいか

上記のメリット・デメリットから判断して、私は登録はしたほうが良いと感じました。

  • 実際に登録してみると、ほんの少しではありますが流入がありました。
    ちなみにランキングは上位ではありません。
    おそらく記事を新しく更新したときに「新着記事」から訪問されたのだと思います。
    私は(悲しいことに)検索からの流入はほぼ無いのでありがたいです。
  • 記事のインデックスが比較的早いのもランキングサイトのおかげかもしれません。(確証はない)
  • デメリットにあったバナー設置についてですが、ある時期が来たらいっそ外しても良いと思っています。
    (ある時期というのは検索からの流入がある程度増えたらと考えています)
    INポイントは入らなくなりますが、その分サイトの負荷は軽くなるし、自分の関連記事や広告をクリックしてもらえる可能性が高まります。
  • ランキングの上位にこだわりすぎるとそちらを意識した記事を書くことになり、本来のSEOを意識した記事が書きづらくなる可能性もあります。
    気にせずのんびりが精神衛生上も良いと思います。
なな
なな

過度な期待は禁物ですが、初心者はとりあえず登録して損はないと思います!

なんでもやってみよう!

それでは「にほんブログ村」と「人気ブログランキング」それぞれの特徴などを比較していきたいと思います。

スポンサーリンク

2大ランキングサイト・比較

にほんブログ村人気ブログランキング
創立年2004年2004年
運営会社ムラウチドットコム株式会社アットウィズ
ドメインパワー ※186.581.7
登録アカウント数約987,000約1,218,000
カテゴリー数約11,000〜約3,000〜
最大登録カテゴリー35
最大表示ページ ※2721
カテゴリー変更制限あり制限なし
ランキング方式IN, OUT, PVINのみ
自己クリックIN,OUT各1回IN,OUT各1回
そのほか特徴#ハッシュタグ
テーマ(トラコミュ)
ルーレットで追加ポイント
投票機能
補足

※1 ドメインパワーはパワーランクチェックツール(株式会社アクセスジャパン)にて2022/03/20計測。
ドメインパワーはGoogleは公表していないので、各社が独自の方法で類推算出しています。

※2 最大ページ数とは、ランキングの結果が表示されるページ数です。
例えばサブカテゴリーから1つ選んで登録すると、ランキングの結果はメインカテゴリーページにもサブカテゴリーページにも表示され、さらに総合ランキングページと合わせて3ページに掲載されることになります。
詳しくは後述します。

創立年は同じなんですね。
どちらもブログが日本で流行り出した2004年にいち早くサービスを開始しています。
(余談ですが、にほんブログ村の「村」は運営会社「村内グループ」から1字とったのでしょうね)

歴史のあるサービスであり、登録者数もどちらもすごいです。
ドメインパワーも高いですね!
ドメパはにほんブログ村が、登録者数は人気ブログランキングが高いですが、大きな差ではないと考えて良いでしょう。

カテゴリー数はにほんブログ村の11,000が突出していますが、人気ブログランキングの3,000でも充分な数でしょう。
(多ければ良いというものでもないですし…)

カテゴリーの登録可能な数や仕方に違いがありますので、それぞれの項目で後述します。
またその他違いのある項目についても詳しく解説・説明していきます。

にほんブログ村

にほんブログ村の特徴
  • 登録できるカテゴリー:1〜3
  • ランキングページの特徴:新着記事がクリックされやすい
  • ランキング方式は3つ:「IN」「OUT」「PV」※PV計測用のバナー設置が必要
  • ハッシュタグ機能がある
  • テーマという機能がある(テーマ数:約46,000)

カテゴリーの選び方

7つのランキングに参加しよう

カテゴリーは1〜3つまで選ぶことができます。
ランキングのポイントは全部合わせて100%となるように10%単位で割り振らなければなりません。
カテゴリー1つなら100%ですが、カテゴリー3つだと分散されてしまいます。

なな
なな

じゃあカテゴリー1つに絞った方がランキング上位狙えるんじゃない!?

かぼすくん
かぼすくん

・・・たとえ100%割り振っても、賑わってるカテゴリーランキングの上位に簡単に入れると思う?

あまり参加者のいないカテゴリーのランキングなら上位を狙えるチャンスもあるかもしれませんが、そのカテゴリーランキングを見てくれる人がどのくらいいるのでしょうか?

なな
なな

人気カテゴリーのランキング上位の人は長くブログをやってる人が多いね。
ファンの人がたくさんいるんだろうな〜

私勝てっこないよ…!

かぼすくん
かぼすくん

それよりもなるだけたくさんのランキングページに載った方がいいよ!

にほんブログ村のランキングページはこのようになっています。

ランキングの右側に新着記事が表示されるブロックがあり、ここから読者が訪問してくれることがあります。
登録カテゴリーは多い方がたくさんのランキングページに表示されることになります。
カテゴリーは3つ登録し、ポイントは一番力を入れたいカテゴリーに80%、残り2つを10%ずつ割り振るのが良いと思います。

なな
なな

よし!じゃあ3つ選ぼう…!

猫>元保護猫

猫>親バカ

猫>ポエム

でどうかな?

かぼすくん
かぼすくん

それだと損しちゃうよ!

なな
なな

えっ?

メインカテゴリー>サブカテゴリーからメインカテゴリーまたはサブカテゴリーを選べます。
サブカテゴリーを選べば、ランキングはメインカテゴリーにも表示されるので、カテゴリーはサブカテゴリーから選びましょう。
さらに3つのサブカテゴリーをそれぞれ違うメインカテゴリーから選びましょう
3つのサブカテゴリー+3つのメインカテゴリー+総合ランキング、合わせて最大7つのランキングページに参加できることになります。

メインカテゴリーサブカテゴリー 
1.猫2.元保護猫
3.シニア日記4.50歳代
5.ライフスタイル6.50代の生き方
かぼすくん
かぼすくん

こんな感じなら、総合ランキングページと合わせて最大の7ページに載るね♪

なな
なな

シニア日記……やっぱりそうなるのね☆

OUT数に注目しよう

各カテゴリー上位者の取得ポイント数を見ていると、カテゴリーによってポイント数にばらつきがあります。
注目すべきはOUTポイントの数です。

IN数に対してOUT数が多い傾向のあるカテゴリーは「そのカテゴリーのブログを探している人が多い」ということです。
あなたのブログを訪問してくれる確率も高くなります。

なるだけ登録者のOUTポイント数が多いカテゴリーを探して登録しましょう。

なな
なな

ただし、自分のブログと全然違うカテゴリーに登録するのは、流入も期待できないし、そもそも規約違反なのでやめましょう。

カテゴリー変更について

しばらく運用してみて、登録カテゴリーやポイントの割り振り率を変えたいと思うこともあると思います。

カテゴリー&割合の変更はできるのですが、注意が必要です。

変更についての注意事項
  • カテゴリー変更や割り振り率の変更は1ヶ月に合計3回まで
    頻繁に変えることはできません。設定は慎重にしましょう!
  • 変更以前のポイントは変更されない
    登録をやめたカテゴリーに割り振られていたポイントは無くなります。
    ただし、総合ポイントはそのまま残ります。

大変申し訳ございませんが、ご参加いただくカテゴリーにつきましては最終的に私たち代理人の総合的判断により決定いたしますので強制的にカテゴリー移動を行わせていただく場合がございます。

にほんブログ村サポート

にほんブログ村は登録カテゴリーについて厳しくみているようです。

ランキング方式について

にほんブログ村ではINポイントOUTポイントの他、PVポイントもランキングされています。
PV(閲覧数)ポイントはそのブログ内に計測用のバナーを設置する必要があります。

PVアクセスランキング にほんブログ村

↑こういったもので、クリックするとにほんブログ村の私のプロフィールページに飛びます。
※PVを計測するために貼っているだけなので、クリックしてもらう必要はありません。

にほんブログ村のランキングは、INポイント・OUTポイント・PVポイントは合算されず、それぞれ別に統計をとっています。

ページを開いた時デフォルトではINポイントランキングが表示されており、OUTポイントやPVポイントランキングを見るにはタブをクリックしなければなりません。

わざわざタブを開いてみる人は少ないのではないかと思います。
「何か人気の記事を読んでみよう」と思う人は、だいたいこのINポイント上位のブログを訪問するのではないでしょうか。

なな
なな

ランキングにはINポイントの取得が一番有効だということだね💡

そのため、PVポイントは不要と考えて計測用のバナーを貼らない人もいます。
そのほうがブログがすっきりしますし、軽くなります。
私は一応サイドバーに貼っていますが、今後外すかもしれません。

#ハッシュタグ

2022年2月から始まった新機能です。

記事ごとに#(ハッシュタグ)を付けられるようになりました。

新しい機能だからか、ランキングよりも上にハッシュタグが表示されています。
読者にとっては知りたい情報を見つけやすくなり、私たち発信者(ブロガー)にとっては記事を見つけてもらいやすくなりました。
とても良いアップデートだと思います!

タグは1記事10個まで。
1日に付けられるタグは50個までです。

なな
なな

たくさん記事ある人には1日50しかタグつけられないのめんどい…

1記事に10タグつけてたら5記事しかつけられないので最初は数日かかりますね💦

ぼちぼちやるしかありません☆

タグの付け方について詳しくはこちらを参照ください。

テーマ(トラコミュ)

にほんブログ村には「テーマ(トラコミュ)」という機能があります。

※ハッシュタグ機能と引き換えに廃止になるとアナウンスされていました。

なな
なな

2月からハッシュタグ機能はスタートしましたが、3/20現在依然としてテーマは廃止されていません。
詳細分かり次第こちらに追記訂正していきたいと思います。

まだ有効な機能であるため、とりあえず参加して損はないと思いますのでご紹介しますね。

テーマ(トラコミュ)とは、トラックバックでブロガー同士や記事同士をつなげる参加型コミュニティーのことです。

同じ趣味や興味を持っているブロガー(友達、仲間)が共通のテーマ(=トラコミュ)にトラックバックを送ることができ、トラックバック記事がテーマに集まることでつながりができる場所になります。

にほんブログ村サポート
なな
なな

ブログ村に登録したブロガーが作るコミュニティです。

参加すると自分のブログ記事を投稿(トラックバック)できます!

同じコミュニティの参加者に見てもらえるので、流入の可能性があります。

希望のコミュニティがなければ作成することも可能です。

かぼすくん
かぼすくん

たくさんのコミュニティに参加して投稿したら、それだけ見てもらえる機会が増えるってことだよね♪

なな
なな

1日の投稿(トラックバック)上限数は15だよ。
また同じ記事は同じテーマには1回しか投稿できないよ。

少しでもアクセスUPを狙うなら、有効に使っていきたい機能です。

人気ブログランキング

人気ブログランキングの特徴
  • 登録できるカテゴリー:1〜5
  • ランキング方式:INポイントのみ
  • 1日10〜60ポイントをもらえるルーレットが回せる
  • 投票・アンケートを設置できる

カテゴリー

人気ブログランキングは最大5つのカテゴリーに登録することができます。
にほんブログ村と同じで、カテゴリーを選ぶとその上の階層のカテゴリーにもランキング参加することになります。
しかも階層が深く、最大で4つの階層があるカテゴリーもあります。

かぼすくん
かぼすくん

大カテゴリー>中カテゴリー>小カテゴリー>小小カテゴリー
みたいな感じ!
3つ目と4つ目のカテゴリーは全てにあるわけじゃないけどね。

なな
なな

じゃあ5カテゴリー×4+総合ランキング1で

最大21のランキングページに載るってこと?

すごい!!

かぼすくん
かぼすくん

待って!
数だけでカテゴリー選ぶのは賛成しないよ!

カテゴリーは必ずしも最大数選ばなくて良い

人気ブログランキングのランキングページはこのようになっています。

人気ブログランキング-ランキングページ

ランキングはINポイントのみで集計されています。(OUTポイントはランキングに影響しません)
また新着記事はタブをクリックしなければ表示されません。

かぼすくん
かぼすくん

クリックしなくてもサイドに新着記事が表示されてたブログ村に比べると、わざわざクリックしてまで新着記事を探す人は多くないかも……

実際、記事を新しく更新した後、流入が多かったのは「にほんブログ村」の方で、「人気ブログランキング」からはあまりありませんでした。
私の書いた記事や選んだカテゴリーがたまたまそうだったのかもしれませんが、このランキングページの作りにも原因があるのではないかと思っています。

5つのカテゴリーから選ぶと、ポイントが分散されるので「60%:10%:10%:10%:10%」となり、一番力を入れたいカテゴリーも最大60%しか割り振られません。

カテゴリーの選び方

にほんブログ村と同じですが、OUT数が多いカテゴリーを選びましょう。
逆にIN数に対してOUT数が少ない傾向にあるカテゴリーはあまり読者にみられていないということなので避けた方が良いです。

なるだけランキングの上に載ることを考えたいので、5つのカテゴリーをすべて選ぶ必要はないかなと感じています。

人気ブログランキングはにほんブログ村と違って「カテゴリーや割り振り率の変更は規制なく何回でも可能」です。
また、変更以前のポイントも変更通りに割り振り直して計算されます

しばらく続けてみると、自分の1週間のポイント獲得数がだいたい把握できます。
どのくらいの割り振り率でどのカテゴリーなら何位になるか?
などたまに確認して適宜変更すると良いと思います。

なな
なな

いつでも変更できて、これまでのポイントも割り振り直してくれるのは便利♫

ランキング方式について

人気ブログランキングのランキング集計はINポイント数のみです。
OUTポイントも表示されますが、集計はINポイントしか反映しません。

にほんブログ村と同じように自己クリックがIN、OUTそれぞれ1回ずつ認められていますが、OUTポイントはランキングには含まれないのでそれほど重要ではないでしょう。

POINTルーレット

これは人気ブログランキング独自のものです。
1日に1回+動画広告を観ることで更にもう1回ルーレットが回せます。
1回のルーレットで獲得できるポイントは10〜30ポイントなので最大60ポイントを得ることが可能です。(そんなの出たことないですが。ほとんどが10ポイントです)

正直毎日自己クリックとルーレット、動画視聴までするのは面倒だし忘れる日もありそう…。

この手間をかけるかかけないかはそれぞれの考え方次第です☆

投票・アンケート機能

人気ブログランキング独自の機能です。
このような投票・アンケートを作ることができます。

簡単に作成することができ、色やサイズなども自由にカスタマイズできます。
このアンケートに答えてもらうとポイントが入ります
上手に使うと良いですね♪

私は「猫アンケート」にしてしまったので答えられる人が限られてますが…

なな
なな

だって本当に知りたいんだもん…!
(Twitterの投票だと複数回答できないし☆)

本来はいろんな人が答えやすい、つい答えたくなるようなアンケートを作ると良いですね。

猫のトイレは本当に知りたいので、答えられる方は、ご協力いただけると幸いですm(__)m
(「昔飼ってた」とか「ご実家で飼ってる」でもOKです♫)

性別・年齢などは答えなくても良いですし、投票せずに結果だけを見ることもできます^^

投票はこちらから作れます

どっちに登録するべき?

両方登録してもいいのではとは思います。
ですが、2つバナーを置くと票が割れる可能性があります。
ランキングを少しでも上げたいのなら、どちらか1つを設置して、もうひとつは設置しないか、下の方に小さく表示しても良いと思います。

どちらのバナーを優先的に表示させるかはお好みです。
それぞれのブログのジャンルとの相性もあると思います。

ちなみににほんブログ村では「宝塚」「節約」「子育て」「嫁姑のジャンルが人気です。
人気ブログランキングでは「競馬」「競艇」「芸能人などのジャンルが強いようです。
盛り上がっているジャンルが違うんですねー。不思議です!

私は現在にほんブログ村のバナーを大きめに作って上の方に貼っていますが、今後流入やランキングの様子を見ながら考えていこうと思っています。

活用法まとめ

にほんブログ村の活用法
  • カテゴリーは7つのランキングに参加するのがベター
  • カテゴリーや割り振り率は変更に制限があるので慎重に
  • タグとテーマを設定して活用しよう
  • PV計測バナーはお好みで
人気ブログランキングの活用法
  • カテゴリーは必ずしも最大数選ばなくても良い
  • カテゴリー変更は容易なので色々試して良い
  • ルーレットを活用しよう(なるだけ)
  • 投票アンケートを利用しよう
共通
  • 登録者のOUTポイント数が多いカテゴリーに登録しよう
  • 1日1回自己クリックをしよう(なるだけ)
  • ランキングに神経質になりすぎない
なな
なな

あなたのブログのアクセスアップのお役に立てれば幸いです!

楽しく続けていきましょ〜

ブログを楽しく続けるためにぜひ読んでほしい♬

おまけ

にほんブログ村【公式】さんに引用リツイートしていただきました!

ちゃんと読んでくださってるんですね!
びっくり&感動しました^^

*ブログ運営・関連記事*

▶︎ブロガーに聞いてみた!ブログのランキングサイト登録してる?実態を調査!

サイト高速化
▶︎[使用していないCSSの削減]@font-faceが大量発生|フォント変更で解決!

ブログや副業、節約、貯蓄、投資etc…経済的自由を目指すコミュニティ「リベシティ」の口コミ
▶︎リベシティの感想と魅力を伝えたい!退会するけど…

タイトルとURLをコピーしました